カウンター

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

selected entries

archives

           

ブラックホーク・ダウン


最近は好きな役者さんが出てる映画を中心に観ています。

んで、今回はコレ。

私、これ、何回か観てるってのに、観始めてから気づきました。
あれ・・・もしかしてこれって、あれ?みたいな。
なんておバカなんでしょうか。

ストーリーはめっちゃ覚えてるんですよ。
ただタイトルと一致せず、それに、ほとんど役者さんのイメージが残ってなかった。
かなり適当に観てたと思われる。

だって、ユアン・マクレガーが出てることすら、完全スルーだったし。
てかかなりの重要キャラじゃないっすかー。おいおい。

それにこれ、オーランド・ブルームもちょい役で出てたんすね。
ほんとに少ないんですが、これが結構重要な役で。

ストーリーはこんな感じ。

1993年10月3日。東アフリカに位置するソマリアの首都モガディシオに、100名の米国特殊部隊の兵士たちが舞い降りた。彼らの任務は独裁者アイディード将軍の副官2名を捕らえること。当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだった・・・。
しかし、2機の最新鋭ブラックホーク・ヘリが撃墜されたことから、兵士たちの運命は一変する。仲間の救出にあたる彼らは、想像を絶する地獄絵図の真っ只中に取り残されることになる・・・
(amazonより)


実話ですね、これ。
なんというか、これ、ほとんど市街地での銃撃戦です。
結構精神的に疲れます。
たくさん人が死に、特にソマリア人・・・ほんとにインベーダーゲームのような。
人が人として扱われない世界。
戦争ってそんなもんだ!って言われればそうなのかも。

最後のテロップで出た、死者の数。

アメリカ兵19名、ソマリア人1000名。

観てる限りではこんな差があるとは思わなくて。
これじゃほんとに、インベーダーじゃないかよ・・・って。

余所ん国の紛争に首突っ込んで、ヘリ撃ち落されて、仲間の救出のためにソマリア人1000人も殺してしまったんだよね?
なんじゃいそれ!というのが率直な感想でした。

でも、これが史実だから、意味がある映画だとも思った。

実際、今回これを見終わった後、ソマリアの事、ネットで調べたりした。
これを観たあなたはどう考える?って言われてるようで。
まずは歴史を知らなければ、何も始まらないから。

これはもう、監督の思うツボなんだと思う。

ちなみにフィクナー氏ですが。
ユアンとの絡みが結構あって、私的には好きな役者同士の絡みは、ほんと最高だなと再確認致しました。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック